マンションを売却する際、なるべく高値で売りたけ

マンションを売却する際、なるべく高値で売りたければ、これから売ろうとする物件を査定してもらう時は出来るだけ多くの仲介業者に見てもらい、相場観を養っておくことが不可欠です。

そのあたりが無頓着では、不動産業者や買い手に見透かされ、値切られる危険性があるからです。

それに、見積りに来た業者の対応等を細かくメモして比較すると、信頼に足りる相手なのか分かります。

この時も一社より複数の方が比較できて安心です。

とても単純な話なのですが、大切な不動産の査定を依頼する業者が変な会社でないか判別する手段のひとつが、宅地建物取引の免許番号です。担当者の名刺に宅建取引業の免許番号の記載がなければ、営業に必要な免許を取得していない、いわゆる無免許業者かもしれません。それから番号の中でカッコで囲んだ数字は、免許を更新した回数のことですから、長年営業しているところほど数字は大きくなります。

しかし、数字が小さくても法人格の変更が原因であることもあり、数字が小さいとダメ、大きいと良いと断定するものではありませんから、注意が必要です。

悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに不動産の査定をお願いしたいというニーズが増えています。

そのため、今どきは、不動産一括査定サイトの中でも匿名利用が可能なサイトを使う人も珍しくありません。

利用者が増えているワケは、しつこい営業や宣伝を受ける可能性が低く、素性の疑わしい業者に詳細な個人情報が漏れる危険がなく、安心感が違うということでしょう。

一方で、匿名では簡易査定しか受けられないため、正確な査定額を知るためには、個人情報を入力し訪問査定を受けなければならないでしょう。

公式サイト